通販サイトを利用する女性とザイザル

ザイザルで花粉症の症状を抑える化学作用

ザイザルは日本の臨床現場において最も使用されている抗アレルギー薬の1つです。ザイザルの有効成分はレボセチリジンと呼ばれるものです。
この薬はセチリジンを元に開発された薬です。
セチリジンはザイザルが発売されるずっと前からジルテックという商品名で主に販売されていました。
ただセチリジンはラセミ体であり、S体とR体が両方存在していました。
このS体とR体では薬効が異なり、R体の方が薬効が強いことが分かっていました。そこでR体だけの状態にした商品がザイザルという商品なのです。
ザイザルはアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎などに使用されていますが、ここではアレルギー性鼻炎の中でも有名な花粉症の症状をザイザルが抑えるメカニズムについて説明します。
花粉が体内に入って、それが異物だと認識されると、肥満細胞が脱顆粒されヒスタミンなどが放出されます。
このヒスタミンが全身に存在するH1レセプターにつくと鼻炎、結膜炎といった症状が現れます。
ザイザルの有効成分のレボセチリジンはH1レセプターに覆いかぶさり、ヒスタミンが引っ付くことができなくします。
これによってヒスタミンの体への作用が遮断され、結果として花粉症の症状を改善、予防します。
ザイザルは花粉症の症状が出てしまった後でも症状改善効果が得られますが、より花粉症の症状を弱くするためには花粉が飛散し始める前から継続服用することが効果的であるという研究結果が得られています。スギ花粉症であれば、2月ごろから毎年本格飛散が始まります。
ですから1月の中旬ごろから服用を開始しておけば本格的な花粉症シーズンの3月、4月を快適に過ごすことができます。
ぜひ予防投与も試してみて下さい。

安くザイザルを手に入れるなら通販がおすすめ

人にとって異物が身体に入ると、それが抗原となり、免疫細胞の抗原レセプターと結びつき、免疫系の細胞からヒスタミンをはじめとする化学物質が放出されます。そしてこのヒスタミンはある種の神経受容体(H1受容体)と結びつき、いろいろなアレルギー反応をおこします。ザイザルはヒスタミンの受容体をブロックしてアレルギー反応を抑えます。花粉症などのアレルギー性鼻炎とか蕁麻疹や湿疹や皮膚のかゆみに効果があります。
いわゆる第2世代と言う抗ヒスタミン薬で、第1世代の抗ヒスタミン薬のように喉が渇いたり、排尿障害のような副作用はありません。
また、脂養成が低く脳に入りにくいので、眠気の副作用も減っています。
ザイザルの薬価は1錠5mg105.8円です。病院の処方箋によって処方される薬ですので、調剤薬局で処方してもらうと、技術料などがかかり、3割負担で計算すると31.7円よりかなり高くなります。
花粉症が始まる前から予防的に飲みたいと思い安く手に入れようと思えば通販で個人輸入をするのもおすすめです。
インドは国際特許条約に未加入なので、インドの製薬会社では特許期限が来ていない商品もジェネリックが製造販売されていて、それを専門の信用できる個人輸入の会社を通して輸入できます。
たとえばエイズにかかったとして、その治療薬を先発メーカーの商品を使うと発展途上国の人は、その薬代が払えません。そのために、インドの製薬会社で生産されたジェネリックが国境なき医師団で使われ、先発メーカーも黙認をしているのです。
ザイザルもそのような理由でインドの製薬会社で先発医薬品に比べてはるかに安価に製造されています。
長い販売歴があり、主要薬品には品質鑑定書が付いているような、信頼できる個人輸入の会社を通して安くザイザルを手に入れるのも一つの選択肢です。

ザイザル以外の効果のある花粉症治療薬

ザイザルはグラクソ・スミスクライン株式会社から発売されている、アレルギー性疾患の治療薬です。
ザイザルは花粉症やアレルギー性鼻炎などに苦しめられている人に役立つ薬で、アレルギー科をはじめ、内科や眼科、耳鼻科などでこの薬の処方をしている所があります。
花粉症の症状が出て困っている時は病院を受診するのが早めに症状を改善するためには有効ですが、この薬の他にも花粉症治療薬として効果が認められているものがあるので、患者さんの症状や状態によっては別の薬が処方される場合もあります。
ザイザル以外の効果のある花粉症治療薬には、アレグラやクラリチン、アレロック、ジルテックなどがあり、医師は患者さんの状態や希望に合わせて最適だと思われる薬を処方します。
これらの薬の違いは、ザイザルが主成分をレボセチリジン塩酸塩としているのに対して、アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩を主成分としており、アレロックはオロパタジン塩酸塩であるなどの成分の違いがあり、効果の強さや副作用についてなど、同じ抗アレルギー薬でも違いがあります。
その違いとしては、アレグラはザイザルよりも効き目の強さがやや弱めですが、副作用として眠気や口の渇きなどが出ることがほとんど無いという利点を持っており、ドラッグストアでも第1類医薬品として販売されているので、病院に行けない時でも買いやすい薬という特徴を持っています。
また、ザイザルとアレロック、ジルテックは第二世代抗ヒスタミン薬の中でも同じくらいの効果の強さであるとされていますが、アレロックとジルテックは眠気を感じる副作用が強いというデメリットがあります。
実は主成分をセチリジン塩酸塩とするジルテックという薬を、眠気が出にくいように改良したのがザイザルなので、花粉症などのアレルギー症状を強く抑えながら眠気も出にくいという薬を使いたいなら、ザイザルが一番おすすめということになります。